目次へ前へ次へ

6-4 ログイン画面に入力したログインID・パスワードが保存できない

ログイン画面の[ログインIDとパスワードの保存]にチェックが入っているかご確認ください。

税務通信データベースはCookieの受入れが必須となっております。信頼済みサイトに追加することで、Cookieを受け入れることができます。
こちら(IE10IE9IE8IE7を参照いただき、IEの設定が正しく行われているかご確認ください。

信頼済みサイトに追加してもログインID、パスワードが保存されない場合は6-5の手順をお試し下さい。
また、Internet Explorerのオートコンプリート機能により、ログイン画面に対して複数のID・パスワードを保存することができます。
IDとパスワードを入力して[ログイン]をクリックすると、オートコンプリートのウィンドウが表示されます。
※別のIDでログインする際も同様に[はい]をクリックします。

次回ログインする際に、IDの上1桁を入力、もしくはキーボードの[↓]キーを押下すると、PCに記憶されている候補一覧が表示されますので、
利用したいIDを選択します。
※[これ以上パスワードを記憶させない]にチェックを入れると、次回からはウィンドウは表示されず、ID・パスワードも保存しません。

誤って記憶してしまった場合など、削除をしたい場合は、候補一覧よりカーソルで削除をしたいIDにポインタを合わせて、該当IDを色反転し、キーボードの[Delete]キーを押下します。

確認画面が表示されますので[はい]をクリックします。

オートコンプリートのウィンドウが表示されない場合

InternetExplorerのツールボタン(IE8をお使いの場合はメニューバー→[ツール])→[インターネットオプション]を選択しクリックします。

[コンテンツ]タブ内[オートコンプリート]項目の[設定]をクリックします。

[フォームのユーザー名およびパスワード]、[パスワードの保存前に確認]にチェックを入れ、[OK]をクリックします。

【ご注意】
この機能は、一度入力したID・パスワードをPC内部に保存し、次回からのログイン手続きを省略するものです。
同じサイトにアクセスする場合、2回目以降のログインはスムーズになりますが、PC内部に情報が残るため、どなたでもログインが可能となったり、ID・パスワード情報の漏えいに繋がる恐れがあります。
この機能をご利用の場合には、十分ご注意ください。

ウィルス対策ソフトをお使いの端末におきましては、同製品によりこれらの設定がブロックされ保存できないことがあります。
詳細につきましては各製品のヘルプや取扱い説明書をご覧ください。
ウィルス対策ソフトの設定方法については当社では対応しかねますので、お客様ご自身でご検討のうえ操作していただくか、各製品のサポートセンターへお問い合わせください。


目次へ前へ次へ